軟水、硬水の飲み分け

軟水と硬水ってどういう風に飲み分けたらいいのかなと思いますよね。
ただ、軟水のほうがおいしいだとか、硬水のほうが飲みやすいとか好みによってわけるのも良いのですが、軟水と硬水にはそれぞれメリット、デメリットがあるので違いを意識して飲むようになるとよりミネラルウォーターがより好きになると思います。

軟水はミネラル分を適度に含んでいて、お米を炊いたり、昆布やかつお等のグルタミン酸をよく引き出してくれるので和食に良いといわれています。日本茶、紅茶、コーヒーなどの香りも引き出す効果があるそうです。
日本人には軟水は馴染みがあって人気なので、ウォーターサーバーで取り扱っている水はたいてい軟水ですね。

硬水は、ミネラルが豊富なので、ダイエットや便秘改善に効果があるそうです。ただ、胃腸に弱い方はおなかに負担をかけやすいそうです。
パスタにコシを与えたり、洋風料理にあっているそうです。味は、軟水がまろやかで、硬水は苦みやえぐみが感じられるといわれています。
日本人は軟水が慣れているので軟水を好む傾向があると思いますが、硬水もメリットがあるので飲み分けしていきたいと思います。